かい と うみの絵本の国

絵本が大好きな息子に毎日読み聞かせる母のつぶやき

ぴあのうさぎ

ピアノを習い始めた かい(4歳9ヶ月)

いつも大笑いする あきやまだだしさんの絵本

ぴあのうさぎ (こどものくに傑作絵本)

ぴあのうさぎ (こどものくに傑作絵本)

 

ぴったりでしょ〜と選びました

 

ピアノが大好きなうさぎ

身の回りに色々な音があることに

気がついて、ピアノを弾きます

 

空が青ければ、そ〜ら〜そ〜ら〜♪

という具合に

 

音楽の世界を知ることで

周りの音にも興味がでてくる事でしょう

 

耳が音に反応するようになれば

雨の音にも気づくだろうし

車が近くに来ていることにも気づくだろうし

風の強さも分かってくるだろうし

 

目の前のことだけでなく

あらゆる方向にアンテナが伸びていくのかなぁと

うみママは思うのでありました

もしもしトンネル

かい(4歳9ヶ月)の通う幼稚園は

短縮期間が短く

通常のスタイルに戻り、一週間が経ちました

 

クラス替えもあって、クラスの半分は

新しいお友達

 

担任の先生も、他の幼稚園から来られたので

新しい先生

 

ちょっと雰囲気に慣れるまで

もしかして幼稚園に行くのを渋ったりする・・・かな?

 

と、思いきや

 

仲良しのお友達と楽しく遊んでいるらしく

先生のお名前もよく出てくるし

新しいお友達のお名前もチラホラ出てきました

 

一安心やね

 

新学期のドキドキに寄り添えるかな?と

選んだ絵本はこちら

もしもしトンネル

もしもしトンネル

 

 

ナナちゃんのお隣に引越してきたロコちゃん

生垣の隙間のトンネルから

2人の交流が始まります

 

メルヘンではなく、あるある〜というお話

 

新しいお友達ができる瞬間を

上手に表現されています

 

うんうん、その感覚よく分かる

 

新しいお友達から好意を感じる

ホワッとした気持ち

この絵本を読んで蘇ってきました

 

うみママは、あまり人見知りしないので

小学生の頃は、女の子の転校生がやってくると

真っ先に話しかけ、通学路が違うのに

家まで送っていくような子どもでした

 

今、思うと、近づきすぎちゃうか?って

心配になりますが😥

 

そこを受け継いだのか

かいも、今のところ人見知りなさそう

 

かいに、色んな人に触れてもらおうと

赤ちゃんの頃から、うみママのお友達を

家へお招きして、いっぱい抱っこしてもらいました

 

その効果が出たんだと

勝手に思い込んでいる うみママでありました

 

うしろのダメラ

恐竜とか、怪獣とかが

苦手な かい(4歳9か月)

 

借りる時にちょっと

ためらいましたが

面白そうなので選んでみました

うしろのダメラ

うしろのダメラ

 

 

読む前に

『これ、たまごにいちゃんとかを

     描いてる あきやまただしさんの

     絵本やで』

と言うと

『あーそれやったら面白いわ』

やって!😆

 

そして

そして

反り返るほど笑ってはりました🤣

 

ダメラは、自分なんてダメな怪獣だから

と、いつも目立たないようにしています

 

ある日、自分は大したことないと

思っていた事が

他の怪獣よりも優れていた事が判明します

 

自分の優れている所って

案外、自分では分からないものですよね

 

いいな!と思うところがあれば

どんどん言葉にして

伝えてあげる事が大事だなぁと

うみママは思うのでありました

いま、なんさい

のりパパ  チョイスの絵本

いま、なんさい?

いま、なんさい?

 

かい(4歳9か月)  爆笑😆

 

5歳になった女の子

みんなに、自分が何歳になったのか

当ててもらいたくて

先生に聞いて回ります

 

先生たちは、わざと

違う答えを言います

 

その度に、かい 爆笑😆

 

だじゃれの意味を

ちゃんと理解できてるのか、いないのか

よく分かりませんが

めちゃ楽しんではるので

まぁ良しとしましょう😃

 

ひらがなが読めたら

もっと楽しめるような気がします

 

のりパパも

かいが楽しんでくれるかな~

と思って選んだ絵本が

想像以上に気に入ってくれたので

とっても嬉しそうでした

 

のりパパ、当たり!やったね😃

レッドくんとグリーンくん

3月の月間賞だった

ちっちゃなトラック レッドくんシリーズ

図書館へ行く度に

他のシリーズを探していましたが

なかなか見つからず。

 

少し離れた図書館に置いてあったので

予約をしてから

かい(4歳9か月)

のりパパ、うみママ

みんなで向かいました

ちっちゃなトラックレッドくんとグリーンくん
 

ようやく読めるので

かいは大喜び

 

レッドくんとグリーンくんは

遠い遠い場所まで荷物を運びます

 

霧が立ち込めていたり

雪に覆われたり

悪天候の中

他の車たちを助けたり

助けられたりして進みます

 

グリーンくんの口癖

『だいじょうぶ  だいじょうぶ』

おまじないのように何度もつぶやきます

その度、かいは大ウケ😆

 

子どもには面白く

読んでいる大人には気づきを

与えてくれる絵本だなぁと

うみママは思うのでありました

クマと森のピアノ

かい(4歳9か月)の春休み期間中

新しい体験をしてもらおうと思い

体験レッスンを2つ申し込みました

 

ひとつはダンス

 

2日間連続で通い

2日目の最後には1曲踊れるように

という内容

 

かいは、お遊戯会でも

振りをよく覚えていたし

好きかなぁと思って体験させたものの

 

どうやら、きっちり覚えて

きっちり踊りたいみたいで

時間をかけて習得したいタイプ

なのかなぁという感じ

 

楽しむというより

難しいが先行してました

 

振付けは、そこそこに

ノリで踊りたい!というタイプなら

楽しめたのかもしれません

 

あくまでも、うみママ見解ですが😅

 

で、もうひとつはピアノ

 

知人に音楽の先生がいるので

春休みだけ集中講座をお願いしました

 

先生のレッスンは

ピアノを弾く事よりも

音に触れるというか

音で遊ぶというか

音を視覚的にみたり

音に合わせて身体を動かしたり

感覚的に音を捉える感じ

 

うみママも小学生の頃

ピアノを習っていましたが

あまり好きではなく

全然、練習しませんでした

 

もし、あの頃に戻れるなら

私も、こんなレッスンを受けたかった〰️!

 

かいも、すごく集中して

レッスンを受けています

『ダンスより楽しい~』やって😅

 

うん、見てて分かるわ

ぐんぐん吸収してるもんね

 

ピアノに興味を持った かいに

どうかな?と選んだ絵本はこちら

子ぐまが森にあるピアノに興味をもち

周りの人の縁もあって

成長していくお話

 

静かなピアノの音が

絵本から聞こえてくるような

感じのする絵です

 

かいのピアノは、幼稚園が始まっても

定期的にレッスンしてもらう事になりました

 

会場が遠いので

送迎だけでも時間がかかっちゃいますが

かいの 音楽の世界 が広がっているのを

目に見えるように感じるので

うみママは、とても嬉しいのでありました

くまくまパン

うみママお好みの絵だったので

図書館からお借りしてきました

くまくまパン いちにちパンやさん

くまくまパン いちにちパンやさん

  • 作者:敏雄, 西村
  • 発売日: 2019/11/08
  • メディア: ペーパーバック
 

くまさんと しろくまさんの

パン屋さんに、子ども達が

見学にやってきました

 

パン作りもさせてもらって大喜び

 

自分の好きなオリジナルパンを

作ります

 

簡単なお話なんだけど

かい(4歳9か月)は、えらく気に入っており

何度もリクエストされました。

 

そして、このかわいい絵。

うみママが

『この絵、見た事あるよね?

    何やったかな~』とつぶやいたところ

かいが『ブーブーブー』

と答えて…

 

調べてみたらコレ

ブーブーブーどこいった

ブーブーブーどこいった

  • 作者:西村 敏雄
  • 発売日: 2012/10/01
  • メディア: 大型本
 

確かに読んだ事があった!!

ブログでご紹介こそしてなかったものの

かいがケラケラ笑ってた絵本です

 

この記憶力に うみママびっくり😲

 

まだ文字を読めないから

大人とは違う回路で記憶してるんだろうなぁ

 

絵を覚えて、そのタイトルも覚えてて

同じ人が描いた絵だと判別する

 

我が子ながら

すごいなーと感心しきりの

うみママでありました